ジャックラッセルと白雪猫の白茶な毎日

ジャックラッセルテリアの兄妹と、3ヶ月間女の子として育った白猫ボーイのノホホン日記

ナナちゃんが来た日

さてさて…
突然の出会いだったナナちゃん…
最初にナナを見つけたのはやっぱりチュウアンドオウ…
散歩終盤のことです…

その日の散歩は夫が行っていて
帰宅した夫に
「川沿いに子猫いたよ。知ってる?なんかめんこいんだわ」
「男の子たちと一緒にいるんだけど、昨日学校から付いてきて
今日もまだいるんだって…」
そんな話を聞いた私は
なんだか居ても立っても居られなくなり
すぐにダッシュで川沿いにむかってました…
子供かっ(^◇^;)!
(もう猫をひろってこないよーにと、
再三私に言っている夫でしたが
なぜかこの時私を止めることなく
逆に詳しい場所を教えてくれたとゆー
それって保護公認!@ ̄ρ ̄@)
子供の発想(^◇^;)!

そしてダッシュで川沿いに到着するなり
ナナと一緒にいる男の子たちと話をして
どうもさまよっているいるらしい
男の子たちは家に連れて帰れない
ということがわかりました…

それとナナから
大きな大きな「HELP ME!」を感じました…

当時まだまだ朝晩はマイナス気温…
こんな寒い中この子を置いとけない!
出会って数分で抱っこして家にむかっていました(^◇^;)

来たばかりの頃はすごくガリガリで
泣き続けていたのか声もガラガラ(T ^ T)
相当飢えていたらしく食事を出したらもの凄いがっつきよー…
でも人を怖がらない、人好きということは
飼い猫の可能性もあるなと思い
警察、ナナが最初にいたであろう辺りに猫探していますポスター
がないか、よくそういったポスターが貼られているスーパーの確認
ネットの迷い猫サイト、色々やってみましたが
ナナを探している人はいませんでした…

これだけ人慣れしているので
家で生まれたのは間違いないと思うのですが…

世の中いろんな人がいるなーと改めて感じさせられました…


そんな経緯で我が家にやって来たナナちゃん(@ ̄ρ ̄@)

とにかく食いしん坊!1日何回食事の催促をされるかっ(^◇^;)
みんなでおやつの時は
ちゅうあんも引いちゃうほど唸りながら食べます!
(最近はやっとおさまりつつあるけど、みんなナナのおやつ中は
近寄らないよーになっちゃった^◇^;)

それと大の犬嫌いでした〜

まー気の強いこと気の強いことっ\(//∇//)\!

長くなったのでこんな風になった経緯はまた〜(@ ̄ρ ̄@)

ポチッとm(_ _)m
あとナナが来て、おうちゃんがいかに情にあついかに
気付かされました!おうちゃんちゃびの絆は凄い!
おうちゃんいままでなめててゴメンよー(^◇^;)!
なめてたんかーい!
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村